So-net無料ブログ作成

心躍る個性派プリント 大阪・帝塚山発「レジィーナロマンティコ」(産経新聞)

 【ファッション・ナビ】花のモチーフのプリントファッションがあふれる今シーズン。そんな街にあって、ひときわ目を引く、個性的なプリント使いのブランドがある。「レジィーナロマンティコ」。ヨーロッパのインポート商品を扱うショップのオリジナルブランドだ。

 「本当に好きなものをと、オリジナルを始めました」とオーナーの阪口元美さん。アメリカで多く見かけた、プリントのジャージー生地を採用。着やすくて、シワになりにくく、自宅で洗えるという機能性と、発色のきれいさに注目した。

 知人のパタンナーにも協力してもらい、生地の特長を生かしながら、ほっそりとみせるシルエットを作り出している。

 「例えば、隠しがちな背中もちゃんと体にフィットさせることですっきり見せることができます」

 襟の大きさや胸もとの空きにも細かくチェック。袖口やボタンホール、見ごろ裏のパイピングには鮮やかな差し色を使って、アクセントにするなど、ディテールにも手を抜かない。

 アイテムはワンピースに、ジャケットとスカートのセットアップタイプが中心となる。シーズンを問わない素材感ということで、毎月ごとに5点から10点の新作が登場する。また、ショップでは、セミオーダーできる。

 さて、ポイントとなる柄。ショップのスタッフも一緒に選ぶとのことだが、「私自身はペイズリーやチェックなどのクラシックなものや紋章が好きです。あと、水玉やアニマル柄も…」とにこやかに続けていく、阪口さん。着ているスーツは、タツノオトシゴが描かれたもの。ラッキーモチーフとのことだが、何ともユニークで、かわいらしさもある。

 上品さを意識し、「着たときに、ハッと表情が変わり、『これいいわね!』とワクワクする高揚感を大切にしています」。

 7年前、大阪・帝塚山で始めたショップは、福岡、東京、名古屋へと広がり、8月には5店舗目が阪神間にオープンする予定。客層は、20代から80代までとブランドの魅力はエイジレスであるようだ。

 (フリーライター・徳本みどり)

     ◇

 「レジィーナロマンティコ」

 大阪市住吉区帝塚山中3の8の30帝塚山ビル1F−1B

 (電)06・4701・7277

 URL(http://www.reginaromantico.com)

【関連記事】
エリカ様、世界進出? あの“アジアの歌姫”目指す?
公平の「美学」と女性用下着
“花のようにカワイイ”女性向けUSBメモリー
“斬新”デザインに期待 東武百、服飾大学生徒と共同開発
メイサ初ライブ!新曲PVでは黄金パンツ
中国が優等生路線に?

普天間、辺野古移設で大筋合意=工法などは継続協議―日米(時事通信)
不同意堕胎事件 容疑の医師を送検 警視庁(産経新聞)
赤字企業割合、初の7割超=交際費支出、ピーク時から半減−08年度分国税庁調査
<蜃気楼>富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に(毎日新聞)
<JAXA>延期・H2A17号機の打ち上げは21日朝 金星探査機搭載(毎日新聞)

新日鉄君津で塗装作業の男性が一酸化炭素中毒死(産経新聞)

 14日午後5時35分ごろ、千葉県君津市君津の新日鉄君津製鉄所の構内で、2つの高炉を結ぶガス管の支柱の塗装作業をしていた男性が、高炉からのガスを吸い意識がないと、119番通報があった。男性は病院に運ばれたが、一酸化炭素中毒で死亡した。

 県警君津署によると、死亡したのは同県富津市下飯野の会社員、坂本義直さん(57)。同署によると、坂本さんは高さ約7メートルの足場で作業中に倒れたとみられ、同社関係者がガス検知器で調べたところ、ガス管のつなぎ目から一酸化炭素ガスが漏れ出しているのを検知した。同署では、坂本さんはこのガスを吸ったとみて調べている。

 坂本さんは同僚3人で別々の場所で作業をしており、同僚が倒れている坂本さんを見つけた。3人にけがはなかった。

【関連記事】
パロマ元社長ら有罪 湯沸かし器2人死傷事故 東京地裁判決
パロマ事故判決 安全確保への義務に警鐘
桑田真澄氏ショック…父・泰次さん焼死「一番のコーチだった」
「ライターで火を付けたら引火」死因は一酸化炭素中毒 東京・荒川の6人死傷火災
暖房器具誤使用で火災や中毒 5年で169人死亡

前PHP研社長を擁立=みんな(時事通信)
天皇、皇后両陛下 冬季五輪入賞者招き茶会(毎日新聞)
物置に女性遺体、遺棄容疑で前夫を逮捕(読売新聞)
渋谷でバカラ賭博、16人逮捕 警視庁(産経新聞)
PCI特別背任事件 元会長ら2審も無罪(産経新聞)

<遠藤周作>未発表小説発見 「サディズム」テーマに(毎日新聞)

 「海と毒薬」などで知られる作家、遠藤周作(1923〜96)の未発表とみられる小説の草稿が、長崎市の市遠藤周作文学館で見つかった。「われら此處(ここ)より遠きものへ」と題し、B5判のノートに約80ページにわたって書かれていた。

 文学館所蔵の資料の中で、学芸員が08年3月に発見した。第二次大戦後のフランスのリヨンを舞台に、日本人留学生と、秘密警察に迫害された黒人学生の物語が展開される。

 「海と毒薬」(57年発表)と「沈黙」(66年発表)との間に当たる58年に書かれ、遠藤が日記に「サディズムを現代の悲劇にうかびあがらせる」と記していたことも分かった。

 遠藤の元弟子で、文芸雑誌「三田文学」の加藤宗哉編集長は「遠藤氏の問題意識の出発点を探ることができるのでは。貴重な研究資料になると思う」と話している。草稿は5月22日から文学館で展示される。【釣田祐喜】

【関連ニュース】
ネスカフェ:24年ぶり「違いがわかる男」は誰? 3人に賞金100万円キャンペーン

<前原国交相>法案成立しなければ「高速1000円」継続も(毎日新聞)
秋田県産5トン、青森リンゴに市場で混入か(読売新聞)
<参院選>ネット選挙解禁に向け協議機関設置 与野党一致(毎日新聞)
東近江市職員を逮捕=女子高生のスカート内盗撮容疑−滋賀県警(時事通信)
さいたまの空き家で白骨遺体発見(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。