So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「高島易断」詐欺事件、主犯の男を再逮捕 兵庫県警(産経新聞)

 運勢鑑定の「高島易断」などを名乗る男らによる祈祷(きとう)料詐取事件で、兵庫県警生活経済課などは10日、詐欺容疑で和歌山市黒田の自称易者、西園徳盛被告(61)=詐欺罪で起訴=を再逮捕、新たに同市松島の元事務員、清水ひとみ容疑者(43)を逮捕した。いずれも容疑を認めている。

 逮捕容疑は平成16年7月〜20年10月、兵庫県内で開かれた出張鑑定会場に訪れた同県南あわじ市の女性(83)ら2人に、「今年中に死ぬ」「このままでは息子さんは結婚できない」などと不安をあおり、2人から祈祷料名目などで計750万円をだまし取ったとしている。

 同課によると、清水容疑者は主犯格の西園容疑者に雇われ、13年ごろからクレーム対応などの事務的な仕事を任されていたという。

【関連記事】
【衝撃事件の核心】個人情報は漏れている!? “思い出”悪用、有名高卒業生宅狙う振り込め詐欺
メシ食いに記者もビックリ その手法とは…
「正月迎えよう」ラブホに1人で無銭宿泊 51歳男を逮捕
所持金1円で34時間居座り無銭飲食 男を逮捕
「高校のころから犯行」詐欺の岐阜県警元巡査に有罪判決

PSP改造日記
真鶴ポイント
ショッピング枠現金化
ショッピング枠現金化
債務整理

石原都知事「派遣村」利用期限延長せず(読売新聞)

 東京都が年末年始に用意した宿泊施設を利用している失業者のうち、現金2万円の求職活動費を受けた後、201人が所在不明になっている問題で、石原慎太郎知事は8日の定例記者会見で、「どこかでけじめをつけないといけない」と述べ、今月18日とした施設の利用期限を延長しない考えを示した。

 都の支援事業について、石原知事は、「(都などがあっせんしても)つらい仕事は嫌だ、あげく生活保護をくれというのは、ちょっと甘えた話だ」と語り、「総理大臣が(視察に)来るんだったら、(国の)役人を出したらいい」と、現場の運営を都に任せている国の姿勢も批判した。

 利用者の問題を巡っては、長妻厚生労働相も8日の閣議後記者会見で、「非常に残念。そういうことが起こらないような支給の体制、考え方が必要だ。ほんの一部の不正で全体が迷惑を被るというのは断じてあってはならない」と述べた。

l8lnex1vのブログ
f9iwxp85のブログ
カードでお金
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。