So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

加藤被告、一部否認へ=責任能力も争う方針−秋葉原連続殺傷・東京地裁(時事通信)

 東京・秋葉原で2008年6月、17人を無差別に殺傷したとして、殺人や殺人未遂罪に問われた元派遣社員加藤智大被告(27)側が、28日の初公判で、公務執行妨害罪など起訴内容の一部について否認する方針であることが6日、関係者の話で分かった。殺害の事実は認めるものの、犯行時の責任能力についても争うという。
 弁護側は、被害者や目撃者らの供述調書の大半について証拠採用に同意しておらず、40人以上が証人として出廷し、公判は長期化する見通しだ。
 加藤被告は殺人や殺人未遂のほか、現行犯逮捕しようとした警察官の胸にナイフを突き刺したとして公務執行妨害罪にも問われている。 

【関連ニュース】
加藤被告の初公判、来年1月に=秋葉原連続殺傷
警官が車に拳銃発砲=運転者の男がけがか
日系ブラジル人を再逮捕=警官襲撃の容疑
女性警官宅侵入の巡査長逮捕=「好意持ち、知りたくて」
逮捕のTBS社員、即日釈放=市橋容疑者送検の現場取材

悲しい出来事など
d00fpjgaのブログ
クレジットカード現金化 比較
アフィリエイト ホームページ
ライブチャット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。